女性の育毛剤

  •  
  •  
  •  
  •  

頭皮・髪のケアしてますか?女性用の育毛剤5選

女性の薄毛の原因として、頭皮のコンディションに問題が生じるケースも少なくありません。健康な髪の毛は健康な土台、つまり頭皮で作られるのですが、カラーリングやパーマなどによって負担がかかっていることもあります。それでもごく一時期のことなら良いのですが、長く続けていくうちに少しずつ髪の毛のサイクルに乱れがでてきて、結果として薄毛を引き起こしてしまいます。

対処法としては、男性の場合と同じように女性の薄毛にも育毛剤は有効です。ただし、症状に合わせて選ばないと効果が限定的になってしまいますので、まずはじっくりと自分の症状をチェックして、原因にアプローチできるような育毛剤を探すことが大切です。また、一度使用し始めたら中途半端に止めてしまうようなことをせず、数カ月単位で試してみることも大切です。髪の毛にはサイクルというものがありますので、効果が出始めるのは少し経ってからです。

女性の育毛剤選びのポイントとして、まずは女性ホルモンの働きが弱まっているケースでは女性ホルモンの調整をはかるタイプを選びます。ホルモンバランスは常に一定というものではなく、環境や体調など様々な要因によって影響を受けて変化します。その変化が少しの幅なら薄毛を引き起こすようなことはありませんが、大きく変化してしまうと症状が現れます。ホルモンの分泌量が減ると毛根部分が弱々しくなったり、再生の能力が弱まったりしますので、ホルモンバランスを調整することはとても大切です。

皮脂の分泌量をコントロールするタイプも男性用ばかりではありません。皮脂もホルモンバランスの影響を受けますし、食べ物の嗜好によっても影響がでます。分泌過多になると毛根を塞いでしまって髪の毛の成長を阻害しますので、ちょうど良い分泌量になるように調整する必要があります。

冷え症の人は、毛細血管の血行不良を疑ってみる必要があります。毛細血管の血流が悪くなると、摂取した栄養素が毛母細胞まで運ばれなくなります。栄養が不足すれば細胞分裂がきちんと行われなくなりますので、髪の毛が弱々しくなったり成長期の段階で抜けてしまったりといったことが起こります。育毛剤によって毛細血管を拡張してあげると栄養が行き届くようになりますので、細胞の働きが活性化されます。

ダイエットをしていたり、元々食べる量が少ないという人は、栄養不足の可能性もあります。栄養が不足すると、髪の毛にまで行き届かなくなります。人の体というのは、重要な器官から栄養を届けるようにできています。髪の毛は重要度が低いので一番最後の方に届けられます。そのため、栄養が十分でない状態なら、最後にまわされた髪の毛には届かないこともあります。栄養状態が心配な場合には、外側から補う方法を考えます。育毛剤を利用すれば、髪の毛の成長に必要な栄養素を効率良く補給することができます。

その他、女性用であっても男性ホルモンの働きを抑制する育毛剤もあります。バランスの良い状態を保つことはなかなか難しいので、このような商品をうまく活用して良いコンディションを維持する必要があります。ホルモンバランスは目に見えないものですので症状が現れるまでは気付かないことも多いのですが、少しでも異変を感じたら早急にケアを行うことが大切です。

頭皮の状態が良くないと、いくらケアを行っても効果は限定的になってしまいます。フケがでていたり赤みがあったり、痒かったりする場合には頭皮の状態が良くありませんので、あまり多くのヘアケア用品は使わずに環境の改善を優先的に考えなければなりません。頭皮の状態が改善されてくれば自然とヘアサイクルが整い、髪の毛も丈夫に育ちます。